緑内障,視力,回復,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

緑内障の視力を回復する方法

「緑内障」になると、視力が低下するだけでなく、
「霧の中にいるようにみえる」「頭痛が起こる」「目の痛みが起こる」などの症状があらわれます。

 

 

 

 

急激に症状があらわれた場合と、慢性的な経過をたどる場合では、その対処方法も、変わってきます。

 

 

 

 

 

それぞれの場合における、具体的な対処方法と注意点について、詳しくお話しましょう。

【●急激に症状があらわれる場合】

視力が低下するだけでなく、眼圧上昇による
頭痛や吐き気を伴うのが一般的です。

 

 

 

「緑内障」だと気づくことができず、脳神経外科や内科などを受診して、眼科受診が遅れてしまうことも、稀ではありません。

 

 

 

 

放置すれば、失明に至る可能性が高く、緊急の対処が必要です。

 

 

 

まずは、薬物治療を行って、眼圧を下げます。

 

 

 

具体的には

 

 

 

・眼圧を下げる点眼薬を頻回に点眼する(サンピロ)
・眼圧を下げる内服薬を服用する(ダイアモックス)
・高浸透圧利尿薬の点滴を行う(マンニトール・グリセオールなど)

 

 

 

などの方法が挙げられるでしょう。

 

 

 

薬物治療によって、十分に瞳が小さくなれば、再発予防の意味も含めて、レーザー治療を行います。

 

 

 

瞳が小さくならないなどの理由で、レーザー治療が困難な場合は、手術療法が選択されることもあります。

 

 

 

白内障が進行している方の場合、白内障手術を行うと、
再発のリスクが軽減する場合もありますので、

 

 

 

同時に、白内障手術をすすめられる場合もあるでしょう。

 

 

 

 

大変、危険な病気ではありますが、早急に適切な対処を行えば
良好な経過をとり、一時的に低下した視力を回復できることが多い病気でもあります。

 

 

 

 

ただし、急激に発症した場合、自身で「緑内障」だと判断することは、なかなか困難であるというのも、また事実。

 

 

 

 

あらかじめ、眼科で診てもらっておけば、発症しやすいことを自覚できますし、場合によっては、予防的処置を施行してもらえる場合もあります。

 

 

 

日ごろから、眼科を受診しておくことが、最善の予防策であると言えるでしょう。

【●慢性的な経過をたどる場合】

治療方法は、「点眼薬」「内服薬」「レーザー治療」「手術療法」になりますが
慢性的な経過をたどる緑内障の場合、主体となるのは、
「薬物治療」に分類される「点眼治療」です。

 

 

 

 

どのような薬があり、その特徴にはどんなものがあるのか、詳しくお話しましょう。

 

 

 

 

 

◆プロスタグランジン関連薬

 

 

 

「キサラタン」「トラバタンズ」「タプロス」「ルミガン」「レスキュラ」
などが、これに当てはまります。

 

 

 

もっとも、眼圧下降効果が期待できる薬剤であり、全身性の副作用も少ないことから、
現在では、最初に選択するべきお薬であるとされています。

 

 

他の薬剤との併用も可能であり、使い勝手のよいお薬であるとも言えるでしょう。

 

 

 

特有の副作用として、「睫毛が長く、太く、多くなる」「瞼の周辺に色素沈着が起こる」
などの症状が報告されており、点眼後に洗顔することが推奨されています。

 

 

 

 

◆交感神経β遮断薬

 

 

 

「チモプトール」「リズモン」「ミケラン」「ブロキレート」「ベトプティック」など
多数の商品が取り扱われており、第一選択薬として使用されています。

 

 

 

気管支平滑筋収縮作用を伴うため、気管支喘息、気管支けいれん、重篤な慢性閉塞性肺疾患、
コントロール不良な心不全などの疾患がある場合、使用は禁忌とされています。

 

 

 

 

◆交感神経α1β遮断薬

 

 

 

「ハイパジールコーワ」「ニプラジロール」などが当てはまります。

 

 

β遮断薬と同様に、気管支喘息、気管支けいれん、重篤な慢性閉塞性肺疾患、
コントロール不良な心不全などの疾患がある場合、使用は禁忌とされています。

 

 

 

 

 

◆交感神経α1遮断薬

 

 

 

 

「デタントール」が、これに該当します。

 

 

眼圧下降効果は、主役の点眼薬に比べて劣りますが、作用機序が異なるため、
併用薬として、用いられるお薬です。

 

 

 

 

副作用も比較的少ないという利点があります。

 

 

 

 

◆副交感神経刺激薬

 

 

 

「サンピロ」「アドソルボカルピン」などが当てはまります。

 

 

歴史の長いお薬であり、一時期は主力として使用されていましたが、最近は、選択される機会が少なくなりました。

 

 

 

 

他の点眼薬に比べて、作用時間が短く、点眼回数が多くなるということや、
瞳を小さくする作用が強く、夜間に見えにくくなる傾向があることなどにより、

 

 

 

継続して使用することが難しいと訴える方も多いようです。

 

 

 

 

◆交感神経α2刺激薬

 

 

 

「アイファガン」が、これに該当します。

 

 

眼圧下降効果があまり顕著ではないため、副作用などにより、他の薬が使用できない場合などに処方されます。
眠気やめまい、徐脈、低血圧などの全身性の副作用も報告されています。

 

 

 

 

◆Rhoキナーゼ阻害薬

 

 

 

2014年に日本で発売された、新しいお薬です。「グラナテック」がこれに該当します。

 

 

全身性の副作用は少ないですが、眼圧下降効果はあまり高くありません。

 

 

点眼直後に、一過性の結膜充血が起こりますが、2時間程度で消失します。

 

 

 

 

◆炭酸脱水酵素阻害薬

 

 

 

「トルソプト」「エイゾプト」などが、当てはまります。

 

 

多剤と併用して使用されることが多いお薬です。

 

 

「トルソプト」は、しみるという特徴があり、
これが原因で、目に良くないと判断して中止してしまう患者さんもいらっしゃるようです。

 

 

 

処方する側は、事前に十分な説明を行う必要があります。

 

 

 

 

◆配合点眼液

 

 

 

2剤を配合した点眼液も使用されています。

 

 

「ザラカム」「コソプト」「アゾルガ」などがあります。

 

 

 

 

【●まとめ】

 

 

 

緑内障の視力を回復させるためには、
急激な発症の場合には、「早期発見」「早期治療」が
慢性的な経過をたどる場合は、「進行を抑制すること」が
治療の要となります。

 

 

 

自分の目の状態をしっかりと把握し、定期検診を怠らないことが
視力回復のためには、欠かせないと、言えますすね。

薬なしで緑内障を改善するには?

もしあなたが薬なしで緑内障を改善したいと思っているのであれば、とても役に立つ商材がございます。

 

 

 

それはこちらの緑内障改善プログラムです。

 

 

 

 

 

 


緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

 

 

 

 

緑内障改善プログラムは非常に画期的な情報でございまして、自宅で緑内障を改善するためのプログラムを簡単に実践することができます。

 

 

緑内障の視力を回復し、恐ろしい緑内障の悩みから解放されたければこちらの緑内障改善プログラムを実践するのがベストですね。

 

 

緑内障を改善するならこれ!!!

 

緑内障改善プログラムの特徴を具体的に解説しています。

 

 

↓下のバナーをクリックすると緑内障を改善できると評判の『緑内障改善プログラム』の本音レビュー記事に飛びます。

 

 

当サイト厳選、眼精疲労解消商品ランキング!

1位 朝のルテイン&プラセンタ


2位 北の国から届いたブルーベリー

北の国から届いたブルーベリー

3位 イミダペプチド

関連ページ

緑内障は治療で改善できる!
緑内障は治療することによって改善することが可能です。大切なのは緑内障の正しい治療を行うことなんですね。
緑内障の原因とは?
緑内障の原因は何なのでしょうか? 緑内障の原因と、緑内障を自宅で簡単に改善する方法を教えます!
緑内障の症状はどうなっている?
緑内障の症状はどうなっているのでしょうか? 緑内障の症状を分かりやすく解説させていただきます!
緑内障の失明率はどうなの?
緑内障の失明率はどうなっているのでしょうか? 正しい情報をあなたのために教えます!!
緑内障の自覚症状はどうなっている?
緑内障の自覚症状はどうなっているのでしょうか? 実は……早い段階だと自覚症状がないから厄介なんです。
緑内障は完治できる?
緑内障は完治することは可能なのでしょうか? 実は……完治できないので自覚症状がないうちに治療するのか大切になるのです。
緑内障の最新治療はどうなっている?
緑内障の最新治療はどうなっているのでしょうか? 詳しく解説させていただきます!
緑内障を完全に知って治療する方法まとめ5選
緑内障を完全に知って治療する方法のまとめ5選をご紹介しています。これさえ読めば緑内障は怖くありません!!
緑内障はレーザー治療をすべき?
緑内障はレーザー治療をすべきでしょうか? その疑問を解決させていただきます。
閉塞隅角緑内障とはどういう病気?
閉塞隅角緑内障とはどういう病気なのでしょうか? この病気を詳しく解説し、そして簡単にできる対処方法もご紹介させていただきます!
緑内障の初期症状はどうなっている?
緑内障の初期症状はどうなっているのでしょうか? 実は……緑内障は自覚症状がないから恐ろしいのです。
緑内障の検査はどういうものがある?
緑内障の検査はどういうものがある?はどういうものがあるのでしょうか? どのような検査があるのか分かりやすく徹底解説させていただきます!
急性緑内障の症状とは?
急性緑内障の症状とは一体どのような症状なのでしょうか? 分かりやすく解説し、対策方法もご紹介させていただきます!
正常眼圧緑内障の原因と改善方法
正常眼圧緑内障の原因と対処法を記載しています。この記事を読めば正常眼圧緑内障はばっちり改善することができます!
緑内障発作はどういうものなの?
緑内障発作はどういうものなのでしょうか? 緑内障発作の原因と改善方法を具体的に解説させて頂きます。
緑内障は進行するとこんなに恐ろしい!
緑内障は進行するととっても恐ろしいのです。その恐ろしさと、そして恐ろしさから逃れる改善方法をご紹介しています。
緑内障予防に適しているのはルテイン!
緑内障に適しているのはルテインです! その理由と、緑内障予防に最適なルテインサプリをご紹介しています。
緑内障が原因で視力が低下することはある?
緑内障が原因で視力が低下することはあるのでしょうか? この疑問と、視力低下の対策方法についてご紹介しています。
30代の緑内障を改善するには?
30代の緑内障を改善する方法を解説しています。これさえ読めば30代の緑内障を改善することはできますよ!
緑内障に効くサプリメントは?
緑内障に効くサプリメントは朝のルテイン&プラセンタです! なぜ朝のルテイン&プラセンタが緑内障に効くかを詳しく解説しています。
緑内障の原因と予防方法
緑内障の原因と予防方法を解説しています。これさえ読めば緑内障の原因と予防方法が全てわかります!
急性緑内障発作の対策方法
急性緑内障発作の対策方法を解説しています。この記事を読めば急性緑内障発作の改善方法などもわかります。
緑内障の種類はどのようなものがある?
緑内障の種類はどのようなものがあるのでしょうか? 緑内障の種類を詳しく解説しています。
緑内障になる原因とは?
緑内障になる原因を解説しています。また、緑内障を改善する方法もわかりやすく紹介しています。
若年性緑内障の問題点と対策法
若年性緑内障の問題点と対策法をわかりやすく解説しています。これさえ読めば若年性緑内障で悩まされることはなくなります。
緑内障の視野欠損はどんな症状?改善方法は?
緑内障の視野欠損はどんな症状なのかわかりやすく解説し、自宅でできる改善方法もご紹介しています!
緑内障発作を治療する方法
緑内障発作が起きる理由と治療する方法をわかりやすく解説しています。
緑内障は治るのか?
緑内障は本当に治るのでしょうか? 実は緑内障改善プログラムを実践すれば緑内障を改善することができます。
両目が緑内障になったらどうしたら良い?
両目が緑内障になったらどうしたら良いのでしょうか? 両目が緑内障になっても改善することはできるんです!
緑内障を悪化させる禁忌事項を教えます!
緑内障を悪化させる禁忌事項を教えます! これさえ読めば緑内障を予防し、改善することが可能です。
正常眼圧緑内障が進行するとどうなるの?
正常眼圧緑内障が進行するとどうなるのでしょうか? 進行したときの症状と、改善方法を解説しています。
緑内障が治る可能性や確率はどれくらい?
緑内障が治る可能性や確率はどれくらいでしょうか? 実は緑内障は治すことはできませんが、改善することは可能なのです。
緑内障改善プログラムの利点と短所を徹底解説!
綺麗事抜きで緑内障改善プログラムの利点と短所を徹底解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ