緑内障,まとめ,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

緑内障を完全に知って治療する方法まとめ5選

緑内障は大変恐ろしい病気であることは間違いないのですが、正しい治療を行うことによって緑内障を治すことは可能です。

 

 

 

 

緑内障に悩む方のために緑内障を完全に知って改善するための方法をまとめさせていただきます!

緑内障は完治できる!?

緑内障は、眼圧(眼球内を満たす房水の圧力)が高くなることで視神経が圧迫され、視神経を傷つけてしまい、その結果、目で見た視覚情報がうまく脳に伝わらなくなって、正しい画像を認識できなくなる症状です。

 

 

 

 

視覚障害を発症し、具体的には視界が欠けたり、視野が狭くなったり、視力が低下し、放置するとやがては高い確率で失明に至る病気です。緑内障は日々少しずつ、目の中心からやや外れたところに暗点が出現して視野が欠けていく場合が多く、自覚症状が出にくいため、目の異常に気づくのも遅れがちです。

 

 

 

 

 

片眼60%の視野欠損までは、両眼で見た場合、ほとんど違和感がないと言われ、眼科で検査をして初めて緑内障が発覚することが多く、緑内障患者の実に約8割が眼科受診時に初めて気づくというデータがあります。

 

 

 

よって発覚した時には既に末期段階ということも多いので、眼科での定期的な検査がとても大切になります。

 

 

 

緑内障という目の病気は、特に若い人にはなじみの薄い病気かもしれませんが、実は40歳以上の日本人のうち、20人に1人が発症すると言われ、日本人の失明原因第1位の病気なのです。

 

 

 

 

 

しかも近年では、10代や20代で発症する若年性緑内障も増えてきています。

 

 

 

残念ながら現代の医学では、病気によって破壊された視神経をよみがえらせることは不可能で、狭くなってしまった視野を取り戻すことはできません。

 

 

 

つまり緑内障は、現代の医学では完治が難しい病気と言えます。

 

 

 

目薬や内服薬、レーザー治療や手術などで、症状の進行を食い止めたり、遅らせたりする治療法になります。

 

 

 

 

手術などで外科的な処置をしなくても、目薬や内服薬を使って眼圧を正常値に戻し、眼圧をうまくコントロールできれば、緑内障の進行を食い止めることは十分に可能です。

 

 

 

 

症状の進行が進み、そのような投薬治療が有効でない段階でも、レーザー治療や外科手術によって眼圧をコントロールすることは十分可能です。

 

 

 

緑内障の治療は、症状の進行状況や年齢、健康状態などに合わせて、適切な治療を選ぶことが大切です。

 

 

 

 

近年、緑内障と診断される人の数は年々増え続け、1999年の厚生労働省の調査では40万人を超え、10年前の14万人と比べるとおよそ3倍に増えています。

 

 

 

この数字はあくまで検査などで緑内障が見つかり、眼科などで治療を行っている患者の人数であり、これ以外にも潜在的な発症に気づいていない患者数は400万人もいると言われています。

 

 

 

これだけ緑内障が増えている要因として、現代の生活習慣が大きく関わっていると言えます。

 

 

 

パソコンや携帯電話の普及により、慢性的な眼精疲労やドライアイを引き起こし、また電磁波やブルーライトの刺激が目の健康に有害な影響をもたらしています。

 

 

 

 

 

糖分や脂質、アルコール、カフェインの多い食生活や、ストレス、運動不足、睡眠不足などにより、体内の血流をドロドロに悪化させることも、緑内障のリスクを高めています。普段からバランスの良い食事と適度な運動、良質な睡眠、ストレスマネージメントを心がけることが、緑内障の予防につながります。

緑内障になる原因は?

最近の緑内障の治療技術の進歩は目覚ましく、眼科の検査機器も著しく進化を遂げています。

 

 

OCT(3次元眼底画像解析)を応用した視神経乳頭神経線維層の解析や、網膜神経線維層の解析を行うことで、発症前の超初期の緑内障まで発見ができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

早期に緑内障を発見し、まだ視神経の損傷が軽いうちに治療を開始できれば、ほとんど自覚症状が無い状態を維持することもできます。

 

 

 

 

 

しかし一旦緑内障を発症してしまえば、残された治療法としては、眼圧を下げること以外に方法がありません。眼圧を下げることで、緑内障の進行を遅らせたり、止めたりすることができるのです。

 

 

 

一度失われた視神経や視野は回復しませんが、眼圧を下げることで現在の視野・視力を維持できます。

 

 

 

治療法には「薬物治療」、「レーザー治療」、「手術治療」がありますが、原則は点眼薬を使用した薬物治療から始めます。

 

 

 

今では様々な点眼薬があり、緑内障のタイプ、進行度、眼圧、年齢、全身の健康状態などを考慮しながら、眼科医と相談して使用する目薬を決めていきます。時には複数の目薬を組み合わせて処方する事もあります。

 

 

また点眼薬以外に内服薬を限定的に使用することもありますが、副作用がかなり強いので点眼をメインに治療を進めていきます。 薬物治療で効果がみられない場合の選択肢として、レーザー治療や手術治療が検討されます。

 

 

 

ただし、レーザー治療は薬物治療の補助的な役割で、手術治療の方が大きく眼圧を下げ、目立った効果を期待できます。

 

 

 

 

緑内障における従来の手術では、強膜に房水の排出口を作る「濾過手術」や、網目状の組織を切開することで排水路を確保する「線維柱帯切開術」などが行われてきました。

 

 

 

 

 

いずれも房水の排出口を作るための手術であり、問題点としては時間の経過とともに穴が塞がり、いつのまにか眼圧が元に戻ってしまうケースがあることです。

 

 

そこで新たな手術法として登場するのが、2012年に保険適用された「チューブシャント手術」です。この手術は、専用の人工的なインプラントを眼内に挿入し、房水の排出路を作って眼圧を下げる治療法です。

 

 

 

チューブシャント手術は 、合併症も少なく、比較的術後の回復も早いことなどから注目を集めていますが、国内では事例も少なく、手術にはそれなりにリスクもあるので、セカンドオピニオンを活用するなど、慎重な判断が求められます。

 

 

 

 

現時点での医療技術では、緑内障を完治させることは難しいと言わざるを得ませんが、日々の研究は確実に進歩しています。

 

 

 

最新の遺伝子研究などにより、緑内障を引き起こす遺伝子の存在が明らかになってきており、遺伝子配列を調べることによって、緑内障の発症率をかなり正確に特定できるようになってきました。こ

 

 

 

 

 

の先、もっと個人の遺伝子検査が普及すれば、誰もが自分の緑内障の発症率を知ることができ、発症率の高い人は定期的な検査を積極的に受けるようになり、その結果、緑内障の治療のカギとなる「早期発見」が可能になるのです。

緑内障の最新治療は?

レーザー治療には主に二つの方法があります。

 

 

一つは、虹彩(いわゆる茶目)に孔を開けて、眼内の房水の流れるバイパスを形成するレーザー虹彩切開術という治療法です。

 

 

 

 

繊維柱帯というフィルターに細かい細胞のカスなどが溜まり、房水の流れが悪くなって眼圧が上がってしまう閉塞隅角緑内障が、この方法によって治療可能です。突然眼圧が高くなって、急激な目の痛みや頭痛、腹痛を伴う急性緑内障の解消や予防にも役立っています。

 

 

 

 

もう一つは、フィルターである線維柱帯にレーザーを照射することで、房水の排出を促進するレーザー線維柱帯形成術という治療法で、通称SLTと呼ばれ、緑内障のレーザー治療法としては一番ポピュラーな方法です。

 

 

 

従来のレーザー治療では、レーザー光線を当てた部分の線維柱帯の組織が壊れてしまい、時間経過とともに眼圧がまた再上昇してしまうという欠点がありました。

 

 

 

最近では、治療機器が改良されて、線維柱帯の中に詰まった細胞のカス(メラニン)だけをレーザーで蒸発させるので、線維柱帯に優しく作用し合併症もないので、後々眼圧が上がってきても何度でも治療することができるようになりました。

 

 

 

またSLTは、あくまで細胞レベルの作用を促す、安全で優しい、低出力のレーザー治療なので、痛みはほとんど感じません。

 

 

 

 

治療にかかる時間も、症状や治療範囲によって異なりますが、通常10分程度で終了し、入院の必要もないので、患者の負担が少ない治療法と言えます。

 

 

 

SLTのその他のメリットとしては、SLTを受けることにより点眼薬を長期的に使用する患者の負担や、目薬のさし忘れなどによるリスクが軽減されることが挙げられます。

 

 

 

 

緑内障患者の中には、日常的に4種類もの点眼を余儀なくされている人もいます。

 

 

 

2種類の点眼を1つにまとめた配合剤なども登場して、点眼の負担も以前よりは軽くなりましたが、長期にわたる継続的な点眼治療が必要である点は変わりません。

 

 

 

 

 

またSLTは、色素沈着、多毛、上眼瞼溝深化などの副作用で点眼治療できない方にも、おすすめの治療法です。

 

 

 

一方でSLTに代表される、緑内障のレーザー治療にもデメリットはあります。

 

 

SLTの効果は年数が経過すると弱くなってしまうため、治療後でも定期的に緑内障の検査を受けなければなりません。もちろん再手術は可能ですが、その分の費用の負担も増えます。

 

 

 

 

 

またSLTは副作用は少ないと言われていますが、術後に虹彩炎や眼圧が上昇したり、眼球内炎症が生じたり、出血する可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

もう一つのレーザー治療法であるレーザー虹彩切開術も、閉塞隅角緑内障の治療には有効な手段であることは確かで、眼圧を効果的に下げられるというメリットはありますが、角膜内皮細胞が減少するというデメリットもあります。 いずれにしても手術と同じく、レーザー治療に関しても、情報収集やセカンドオピニオンの活用を欠かさず、慎重な判断が求められます。

閉塞隅角緑内障とはどういう病気?

緑内障の原因には、遺伝的な先天異常によるものと、老化に関連して起こるもの、現代の食生活やパソコン環境、ストレスなどの生活習慣によるもの、他の病気が引き金になって起こるものなどがありますが、発症の過程としては大きく分けて開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障があります。

 

 

 

 

私たちの健康な眼では、角膜と水晶体の間にある房水が絶えず生成、排出され、そのバランスを保っています。

 

 

 

 

閉塞隅角緑内障は、房水の出口にあたる隅角が虹彩によってふさがれることにより、房水の排出が困難になり、房水がたまって眼圧が高くなります。

 

 

 

 

 

逆に開放隅角緑内障は、房水の出口である隅角は開いているのですが、隅角にある排水路が詰まりを起こして、房水の排水が滞り、眼圧上昇を生じる症状です。比較的年配の人に多く見られる症状です。

 

 

 

閉塞隅角緑内障は、男性より女性の方がかかりやすく、女性の発症率は男性の2〜4倍と言われています。

 

 

 

隅角が虹彩によってふさがれてしまう原因としては、眼球の形状的な理由と、年齢的な変化によるもの、散瞳誘引(瞳孔が広がる条件)によるものがあります。

 

 

 

 

 

眼球の形状としては、前房(眼球の前部、虹彩と角膜の間のスペース)の容積が水晶体に比べて先天的に小さい人や、眼球の長さである眼軸長(がんじくちょう)が短い遠視の人、角膜直径が小さかったり、水晶体が厚い、水晶体が前のほうに移動している人は閉塞隅角緑内障を発症しやすいと言われています。

 

 

 

 

また散瞳(さんどう)は急性閉塞隅角緑内障の発症原因になりえます。

 

 

 

閉塞隅角緑内障には房水の排出口が開閉を繰り返し、症状が治まったり悪化したりしているうちに排出口が慢性的に閉じてしまい、徐々に眼圧が上がる慢性型と、房水の排出口が急にふさがる急性型があります。

 

 

 

 

眼科検査薬である散瞳薬の副作用や、興奮したり、暗い所で瞳孔が広がったりすると、急性閉塞隅角緑内障を発症する可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

あとは読書やうつぶせで長時間いると、水晶体が眼球の前方へ移動することから、急性閉塞隅角緑内障のリスクが高まります。

 

 

 

 

急性発作が起こると、突然眼圧が高くなり、激しい眼の痛みや眼のかすみ、充血、頭痛、嘔吐などの症状が起こります。このタイプの緑内障は50歳以上の遠視の女性に多く見られます。

 

 

 

治療の方法としては、薬物療法で眼圧を下げた上で、レーザー虹彩切開術を実施します。

 

 

 

隅角が完全にふさがっていない場合は、虹彩に強いレーザーを照射して、1mm位の小さな孔を開け、房水が後房から隅角にスムーズに流れるようバイパスを形成します。

 

 

 

 

こうすることで、隅角をふさぎかけていた虹彩が圧力の作用で元の位置に戻り、隅角は房水が通れるだけのスペースに広がります。また隅角が完全に閉じている場合は、隅角癒着剥離術という手術が行われます。

 

 

 

手術によって隅角の癒着を引き剥がし、併せて虹彩に孔を開けて房水の流れを改善します。水晶体が前方に移動して隅角をふさいでいる場合は、水晶体を摘出して眼内レンズを挿入することもあります。

緑内障の初期症状はどうなっている?

緑内障の初期段階では、これといった明確な初期症状が出ません。

 

 

しかし実は正確に言うと、症状は出ているのですが、初期段階で異常を自覚することはまずないと言われています。

 

 

自覚できるとすれば、せいぜい軽度の頭痛や肩こり、眼精疲労、まぶしいネオンや蛍光灯を見ると周りに虹がかかるなどの症状くらいです。

 

 

 

緑内障の厄介なところは、症状は実際に現れているにもかかわらず、自覚症状に乏しいと言うことです。

 

 

 

 

 

慢性型緑内障の初期症状としては、目の中心からやや外れたところに暗点が出現して視野欠損が生じたり、視野が狭くなったりします。

 

 

 

しかし人間は物を見る時、両目で視力を補い合っていますし、人間の脳は非常に優秀なので、少々視界が欠けたとしても、正常に見える情報でかすんだ部分の情報を補正して認識するため、当人はかすんでいるということを自覚することが難しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

パソコンや携帯電話の画面がくもって見えにくくなったり、新聞や本などの細かい文字が読みにくくなったなど、日常生活で目の見えにくさを感じることはありますが、単なる目の疲れや老眼、老化現象の一種だと軽く考えて、緑内障の症状を見過ごしてしまうことも多いようです。

 

 

 

 

その後、明らかな視野欠損や視野の狭さを自覚する頃には、脳の補正能力が追いつかなくなった時で、既にかなり緑内障の症状が進行してしまっているケースも多いです。

 

 

 

 

また多くの場合、症状の進行が非常にゆっくりなので、なおさら視覚異常には気づきにくく、緑内障をやっかいな病気にしています。

 

 

 

このように自覚症状に乏しい緑内障ですが、早期発見がカギとなる病気なので、親族に緑内障患者がいる人や、極端な近視の人、目の健康を害しやすい人は特に定期的な検査を欠かさないようにしましょう。

 

 

 

 

 

また緑内障の多くは慢性型で、症状はゆっくりと進んでいきますが、急性緑内障については全く逆の症状があらわれます。

 

 

 

 

主に夕方から夜半にかけて突然眼圧が高くなり、激しい眼の痛みや充血、眼のかすみ、頭痛、腹痛、吐き気、嘔吐、発汗などの症状が起こります。症状の性質から内科を受診する人もいます。

 

 

放置していると、ひどい場合は失明の危険性もあります。

 

 

 

緑内障の進行スピードには個人差がありますが、特にかなりの割合を占める眼圧が正常な緑内障では、末期になるまで20〜30年位かかると言われています。

 

 

 

よってほとんどの緑内障はすぐに失明するわけではないので、信頼のできる眼科を探して、定期的に眼底検査や視野検査を実施し、慌てずに、長期的なスパンで眼圧や視野の経過観察をする必要があります。

 

 

 

精密な検査をして、どの程度の進行スピードなのかをシミュレーションすると良いでしょう。

 

 

 

それにより、無理なく安全で、適切な治療方針を立てることにより、症状の進行を食い止めたり、遅らせたりするのが正しい緑内障の治療方法と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

完治が難しい緑内障という病気とは、生涯にわたってうまく付き合いながら、根気強く経過を見守り、長い目で治療していくことが大切なのです。

簡単に治療できる方法はないの?

ここまで読んできてあなたは、「緑内障が恐ろしい病気で早期治療を行うのが大切ということはわかったけど、もっと簡単に緑内障を治療できる方法はないの?」と感じたかもしれません。

 

 

 

 

 

実は……最適な方法があるんですよ。

 

 

 

 


緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

 

 

こちらの緑内障改善プログラムを実践することによって簡単に的確に緑内障を改善することが可能となります。

 

 

 

 

 

緑内障は自宅でも簡単に改善することができる病気でございますので、手軽に正しい治療を行うのであれば緑内障改善プログラムを実践するのが良いですね。

 

 

 

 

緑内障を改善するならこれ!!!

 

緑内障改善プログラムの特徴を具体的に解説しています。

 

 

↓下のバナーをクリックすると緑内障を改善できると評判の『緑内障改善プログラム』の本音レビュー記事に飛びます。

 

 

当サイト厳選、眼精疲労解消商品ランキング!

1位 朝のルテイン&プラセンタ


2位 北の国から届いたブルーベリー

北の国から届いたブルーベリー

3位 イミダペプチド

関連ページ

緑内障は治療で改善できる!
緑内障は治療することによって改善することが可能です。大切なのは緑内障の正しい治療を行うことなんですね。
緑内障の原因とは?
緑内障の原因は何なのでしょうか? 緑内障の原因と、緑内障を自宅で簡単に改善する方法を教えます!
緑内障の症状はどうなっている?
緑内障の症状はどうなっているのでしょうか? 緑内障の症状を分かりやすく解説させていただきます!
緑内障の失明率はどうなの?
緑内障の失明率はどうなっているのでしょうか? 正しい情報をあなたのために教えます!!
緑内障の自覚症状はどうなっている?
緑内障の自覚症状はどうなっているのでしょうか? 実は……早い段階だと自覚症状がないから厄介なんです。
緑内障は完治できる?
緑内障は完治することは可能なのでしょうか? 実は……完治できないので自覚症状がないうちに治療するのか大切になるのです。
緑内障の最新治療はどうなっている?
緑内障の最新治療はどうなっているのでしょうか? 詳しく解説させていただきます!
緑内障はレーザー治療をすべき?
緑内障はレーザー治療をすべきでしょうか? その疑問を解決させていただきます。
閉塞隅角緑内障とはどういう病気?
閉塞隅角緑内障とはどういう病気なのでしょうか? この病気を詳しく解説し、そして簡単にできる対処方法もご紹介させていただきます!
緑内障の初期症状はどうなっている?
緑内障の初期症状はどうなっているのでしょうか? 実は……緑内障は自覚症状がないから恐ろしいのです。
緑内障の検査はどういうものがある?
緑内障の検査はどういうものがある?はどういうものがあるのでしょうか? どのような検査があるのか分かりやすく徹底解説させていただきます!
急性緑内障の症状とは?
急性緑内障の症状とは一体どのような症状なのでしょうか? 分かりやすく解説し、対策方法もご紹介させていただきます!
正常眼圧緑内障の原因と改善方法
正常眼圧緑内障の原因と対処法を記載しています。この記事を読めば正常眼圧緑内障はばっちり改善することができます!
緑内障発作はどういうものなの?
緑内障発作はどういうものなのでしょうか? 緑内障発作の原因と改善方法を具体的に解説させて頂きます。
緑内障は進行するとこんなに恐ろしい!
緑内障は進行するととっても恐ろしいのです。その恐ろしさと、そして恐ろしさから逃れる改善方法をご紹介しています。
緑内障予防に適しているのはルテイン!
緑内障に適しているのはルテインです! その理由と、緑内障予防に最適なルテインサプリをご紹介しています。
緑内障が原因で視力が低下することはある?
緑内障が原因で視力が低下することはあるのでしょうか? この疑問と、視力低下の対策方法についてご紹介しています。
30代の緑内障を改善するには?
30代の緑内障を改善する方法を解説しています。これさえ読めば30代の緑内障を改善することはできますよ!
緑内障に効くサプリメントは?
緑内障に効くサプリメントは朝のルテイン&プラセンタです! なぜ朝のルテイン&プラセンタが緑内障に効くかを詳しく解説しています。
緑内障の原因と予防方法
緑内障の原因と予防方法を解説しています。これさえ読めば緑内障の原因と予防方法が全てわかります!
急性緑内障発作の対策方法
急性緑内障発作の対策方法を解説しています。この記事を読めば急性緑内障発作の改善方法などもわかります。
緑内障の種類はどのようなものがある?
緑内障の種類はどのようなものがあるのでしょうか? 緑内障の種類を詳しく解説しています。
緑内障の視力を回復する方法
緑内障の視力を回復する方法を解説しています。また、緑内障改善プログラムを実践すれば緑内障も回復しますよ!
緑内障になる原因とは?
緑内障になる原因を解説しています。また、緑内障を改善する方法もわかりやすく紹介しています。
若年性緑内障の問題点と対策法
若年性緑内障の問題点と対策法をわかりやすく解説しています。これさえ読めば若年性緑内障で悩まされることはなくなります。
緑内障の視野欠損はどんな症状?改善方法は?
緑内障の視野欠損はどんな症状なのかわかりやすく解説し、自宅でできる改善方法もご紹介しています!
緑内障発作を治療する方法
緑内障発作が起きる理由と治療する方法をわかりやすく解説しています。
緑内障は治るのか?
緑内障は本当に治るのでしょうか? 実は緑内障改善プログラムを実践すれば緑内障を改善することができます。
両目が緑内障になったらどうしたら良い?
両目が緑内障になったらどうしたら良いのでしょうか? 両目が緑内障になっても改善することはできるんです!
緑内障を悪化させる禁忌事項を教えます!
緑内障を悪化させる禁忌事項を教えます! これさえ読めば緑内障を予防し、改善することが可能です。
正常眼圧緑内障が進行するとどうなるの?
正常眼圧緑内障が進行するとどうなるのでしょうか? 進行したときの症状と、改善方法を解説しています。
緑内障が治る可能性や確率はどれくらい?
緑内障が治る可能性や確率はどれくらいでしょうか? 実は緑内障は治すことはできませんが、改善することは可能なのです。
緑内障改善プログラムの利点と短所を徹底解説!
綺麗事抜きで緑内障改善プログラムの利点と短所を徹底解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ